プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

兵庫県の山奥から、包丁一本握り締め
たどり着いたは京都一の町衆料理屋
【京もん】
ココで腕を磨くんや!!
いつかきっと、日本一の料理人になってみせる!!

そして今日も厳しく楽しい一日が始まる・・・。
今日はあんまり怒らないでね料理長!!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 立秋 | メイン | 秋の味覚 »

2011年8月17日 (水)

五山の送り火


いつもながら更新遅くなりすいません(+_+)


それでは答え合わせからいきますo(^-^)o


正解はカメラで撮るでした(^o^)


ほんとに毎回しょーもない答えで申し訳ないです。


さて、昨日は五山の送り火がありました。


休憩時間に三条通りを歩いていると、いつもより賑やかで浴衣のカップルが沢山おってでした。

去年は職場のベランダから遠目に大の字だけ見ることができたのですが、今年はドタバタと忙しく、気が付けば終わってました(*_*)

大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居形の送り火。


お盆に迎えた先祖の霊を彼岸へ送る行事だそうです。

明治まではほかに、い・一・竿に鈴・蛇・長刀と全部で十山あったそうですが、維持費等の理由で戦後現在の五山だけになったそうです。

京都のおもだった祭もそろそろ終わりですね。

八月も折り返し、残暑を乗り越えれば、実りの秋です。


稲は頭を垂れ、山は色付き、気温も下がり過ごしやすく、何をするにも最適な季節ですo(^-^)o


私事で申し訳ないのですが、昨日、本屋で京都の銭湯なる本を買い、予定のない休みの日は銭湯へ行ってみようと思っています。


僕の実家は兵庫ですが、京都ほど、銭湯があちらこちらにあるところも珍しいと思います。

できるだけいろいろな銭湯に行ってお気に入りを見つけたいです。

今日はお休みを頂いているので、さっそく行ってみようと思います(^_^)


さて、後藤クイズです。

ある少年がケーキ屋さんの前でチーズケーキをじーっと眺めて座っていました。
あまりにも長く座っているので、店主が出てきて何かくれました。

さて、くれたのはなんでしょう?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/566249/28412889

五山の送り火を参照しているブログ:

コメント

店主が出てこなくても
日が暮れたでどうでしょう?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

町衆料理 京もん のサービス一覧

町衆料理 京もん