プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

兵庫県の山奥から、包丁一本握り締め
たどり着いたは京都一の町衆料理屋
【京もん】
ココで腕を磨くんや!!
いつかきっと、日本一の料理人になってみせる!!

そして今日も厳しく楽しい一日が始まる・・・。
今日はあんまり怒らないでね料理長!!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月17日 (水)

五山の送り火


いつもながら更新遅くなりすいません(+_+)


それでは答え合わせからいきますo(^-^)o


正解はカメラで撮るでした(^o^)


ほんとに毎回しょーもない答えで申し訳ないです。


さて、昨日は五山の送り火がありました。


休憩時間に三条通りを歩いていると、いつもより賑やかで浴衣のカップルが沢山おってでした。

去年は職場のベランダから遠目に大の字だけ見ることができたのですが、今年はドタバタと忙しく、気が付けば終わってました(*_*)

大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居形の送り火。


お盆に迎えた先祖の霊を彼岸へ送る行事だそうです。

明治まではほかに、い・一・竿に鈴・蛇・長刀と全部で十山あったそうですが、維持費等の理由で戦後現在の五山だけになったそうです。

京都のおもだった祭もそろそろ終わりですね。

八月も折り返し、残暑を乗り越えれば、実りの秋です。


稲は頭を垂れ、山は色付き、気温も下がり過ごしやすく、何をするにも最適な季節ですo(^-^)o


私事で申し訳ないのですが、昨日、本屋で京都の銭湯なる本を買い、予定のない休みの日は銭湯へ行ってみようと思っています。


僕の実家は兵庫ですが、京都ほど、銭湯があちらこちらにあるところも珍しいと思います。

できるだけいろいろな銭湯に行ってお気に入りを見つけたいです。

今日はお休みを頂いているので、さっそく行ってみようと思います(^_^)


さて、後藤クイズです。

ある少年がケーキ屋さんの前でチーズケーキをじーっと眺めて座っていました。
あまりにも長く座っているので、店主が出てきて何かくれました。

さて、くれたのはなんでしょう?

2011年8月 8日 (月)

立秋

暦の上では秋らしいですが・・・

どこが秋やねんっ(-.-)!

と、テレビを見ながら突っ込んでしまいましたw(゜o゜)w


さて、初めにクイズの答合わせですね。

土佐犬が骨を1本くわえていったんです。


普通に考えたら残りは4本ですね。

でもそこはクイズなのでf^_^;


答えは6本!


犬が骨を1本くわえて(加えて)いったのです。


だから答えは6本!

みなさんわかりましたかo(^-^)o

8月も京もんには毎日新鮮な鱧がとどきます。


鱧の落としに、鱧焼き霜、鱧の小鍋に、鱧フライ、骨せんべいに鱧寿司と、鱧づくしです。


だから毎日骨切りが大変です。


ここで鱧の雑学を一つ。


何故鱧が京都で有名かと いうと、その昔車も電車もない時代、内陸の山城の国(京都)まで活きた魚を届けることは至難の技でした。


でも、鱧は凄く生命力のある魚で、頭を落としても、頭だけで噛み付いてくるくらい元気があるんです。


だから活きたままで届く鱧料理が発達したと聞きましたo(^-^)o

ちなみに鱧の語源は歯む(噛む)かららしいです。

鱧は今の時期しか食べられません。

是非京もんに来て、京都の夏の味覚を堪能してください(^_^)


では後藤クイズです(^_^)


トンボをとるにはアミ!


魚をとるには釣竿!


たくさんの魚をとるには魚群探知器と地引き網!


では、電線の上にスズメが22羽。これを全て一瞬にしてもれなくとるにはどーすればいいでしょうかo(^-^)o?

町衆料理 京もん のサービス一覧

町衆料理 京もん