プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

兵庫県の山奥から、包丁一本握り締め
たどり着いたは京都一の町衆料理屋
【京もん】
ココで腕を磨くんや!!
いつかきっと、日本一の料理人になってみせる!!

そして今日も厳しく楽しい一日が始まる・・・。
今日はあんまり怒らないでね料理長!!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« ご報告 | メイン | 春メニュー 試作中です。 »

2009年2月 9日 (月)

ドリンクメニューがかわりました。

お久しぶりです。

歌う料理長  公文代 真児です。

最近ちょっと、春の訪れを感じるような暖かい日射しの日がありますね、

寒い冬もそろそろ終わりでしょうか。


こんな季節の変わり目にはやっぱり、松山 千春さんの「季節の中で」

しかないですね。

め~~~~ぐ~~~る~~♪  めぐる~~季節の~な~か~で~~karaoke

実はこれが言いたかっただけです。


さて、今日はお料理では無くて、今週から新しくなったお酒のメニューを紹

介したいと思います。

まずは日本酒から・・・・。

これは、滋賀県の純米酒  大次郎です。

タイプ的には芳醇タイプの旨口です。

結構しっかり目に旨みと香りが広がり

甘みも丁度いいです。

お魚料理よりも、地野菜の煮炊きもんとか

天婦羅なんかでも良いと思います。

僕の好きな味です。



続きましては、京都 佐々木酒造さんの

聚楽第(じゅらくだい)大吟醸です。

最初は大吟醸は置くつもりは無かったんですが

飲んでみると、料理を邪魔するような甘さでは無く

非常にすっきりとした飲み口で洗練された味わいでした。

これならば、僕の料理と一緒に楽しんで頂けるのではないかと思いました。

とは言え、桐箱入りのかなり高級なお酒です!!

一合で2000円で販売するか・・・・・。


しかしそこは安くて美味しいきららですから

お客様への感謝の気持ちを込めまして、

一合950円でのご奉仕です。

是非、飲んでみて下さい。

他にも辛口 甘口 地酒 厳選いたしました。

僕の京料理と一緒に楽しんでください。


 

オッと・・もうすぐ開店の時間です。

続きはまた後日。

今後の更新予定は、お酒の紹介と  春メニューの試作現場レポート

そして、幻の魚  ボウズギンポウ  の紹介となっております。

更新頑張りますので、また見て下さい。


それでは、開店準備にとりかかります。


        歌う料理長  公文代 真児 でした。karaoke

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/566249/28412513

ドリンクメニューがかわりました。を参照しているブログ:

コメント

さっそくコメント入れてみました~(^0^)v
日曜日の同窓会、楽しかったです(^-^)
おいしいお料理もたくさんよばれて、お腹も心も大満足でした。
また次回の「宇治中生の集い」に新たなメンバーが増えていたらうれしいな~。それより先に「合唱部」の練習が先かな??(笑)
仕事も大忙しやろうけど、お互い身体に気をつけてがんばりましょう。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

町衆料理 京もん のサービス一覧

町衆料理 京もん